眼鏡、コンタクトレンズが必要ない時代がやってくるかもしれません。レーシックはますますわたしたちにとって身近な存在になっています。

ちゃんと選べべ怖くない?レーシック眼科はこうやって選ぶ

期待の視力矯正法

少し前に、サッカー日本代表の中心選手が受けたことも話題になった「レーシック手術」ですが、わたしたちの住む日本においても、着実に浸透しつつあります。
まず、レーシックについて考えるにあたり、レーシックとは何かという疑問に対する答えを見出しておかなければ話になりません。
レーシックとは、特殊なレーザーを使って、角膜の中央部を削ることによって、角膜の形状を変え、屈折率を変化させることによって、視力を回復させる方法のことです。
要するに、立派な手術です。
日本での、レーシック手術の歴史はまだ浅く、2000年の初めに、厚生労働省がエキシマレーザーを使用した視力の矯正方法を認可しました。
その時点で、厚生労働省が認可したということは、安全性が確認されたということになります。
それからすでに10年以上経過していますので、現在のレーシック手術の技術は、さらに磨きがかけられたものになっています。
これまでは、目を悪くしないように、できるかぎり努力するというのが各家庭の教育方針でした。
それでも視力を悪くしてしまったならば、眼鏡を買ってもらい、それ以上度が進むことの無いように注意しなさいと言われました。
やがて、コンタクトレンズが出現しましたが、発売当初は金額が高く、だれにでも手の届く視力矯正方法ではありませんでした。
ここ数年、コンタクトレンズの価格も下がり、今では眼鏡使用者にも負けないくらいの数の人たちが、コンタクトレンズによって視力を補正しています。
そして、2000年以降、日本でもレーシックの手術を受けることが可能になりました。
レーシック手術は、眼鏡、コンタクトレンズに次ぐ、第三の視力矯正方法として位置づけされようとしています。
レーシック手術は、わたしたちが思っているほど複雑なものではなく、神経が通っていないところを切るため、基本的に痛みが少なく、手術後にはすぐに視力の回復が望めます。
ですから、日常生活に大きな支障をきたして手術に臨まなければならないということはありません。

Copyright (C)2016ちゃんと選べべ怖くない?レーシック眼科はこうやって選ぶ.All rights reserved.